二華中・青陵中模試

受付が終了しました。

FAQ(よくある質問)

Q1.公立中高一貫校とはなんですか。

高校入試に左右されず6年間計画的な指導が受けられる制度です。私立の中高一貫校と異なり、当初3年分は義務教育にあたり授業料がかからないのも利点です。
宮城県内では古川黎明中学校(平成17年開校)・仙台青陵中等教育学校(平成21年開校)・仙台二華中学校(平成22年開校)の3校あります。

Q2.古川黎明、青陵、二華の立地以外の違いはなんですか。

仙台青陵は仙台市立の学校であり、古川黎明と仙台二華は宮城県立の学校であることから、出願資格として仙台青陵は仙台市内居住者、古川黎明と仙台二華は宮城県内居住者となっています。
また、仙台青陵は中等教育学校といい、いわゆる高校からの生徒募集は行いません。古川黎明と仙台二華は併設型で高校から入学してくる生徒もいます。公表されているカリキュラムも異なっていますので、それぞれの学校のHP等で授業時間や授業の進行予定をご確認ください。

Q3.これまでの入学者選抜の倍率はどんな様子だったのですか。

定員 平成22年度 平成23年度 平成24年度
受検者数 倍率 受検者数 倍率 出願者数 倍率
仙台二華 80人 1196人 14.95倍 800人 10.00倍 612人 7.65倍
仙台青陵 140人 364人 2.60倍 423人 3.02倍 389人 2.78倍
古川黎明 80人 272人 3.40倍 226人 2.83倍 248人 3.10倍

平成26年度の「仙台二華中」と「古川黎明中」の定員が、平成24年度までは80名でしたが、平成25年度から105名に増えました。平成25年度以降の出願者数と出願倍率、入学者選抜の概要は下記の通りです。

定員 平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度
出願者数 出願倍率 出願者数 出願倍率 出願者数 出願倍率 出願者数 出願倍率
仙台二華 105名 666名 6.34倍 535名 5.10倍 544名 5.18倍 486名 4.63倍
仙台青陵 140名 408名 2.91倍 425名 3.04倍 390名 2.79倍 322名 2.30倍
古川黎明 105名 273名 2.60倍 254名 2.42倍 267名 2.54倍 239名 2.28倍

Q4.選抜方法について教えてください。

□仙台二華・古川黎明

検査の方法:総合問題(60分),作文(40分),面接
■総合問題:与えられた課題を理解し、これまでの体験や身に付けてきた力を基に、論理的に考え、的確に判断し、
 解決する力や表現する力等をみます。
■作  文:与えられた課題について、自分の考えや思いなどを的確にまとめ、文章で表現する力をみます。
■面  接:志願の動機や学習への関心・意欲、長所等を多面的にみます。


□仙台青陵

平成28年度までの検査方法と比べ変更点があります。
平成29年度入学者選抜から総合問題がⅠとⅡに分けて実施されます。

検査の方法:総合問題Ⅰ(40分),総合問題Ⅱ(40分),作文(40分),面接
■総合問題Ⅰ:社会的事象や統計資料(図表)等
■総合問題Ⅱ:自然科学的な事象や数理的な内容
※検査する内容や方針は仙台二華、古川黎明と変わりません。